高校時代、部屋で友達とマージャンをしながら、
誰かが持ってきたカセットテープをよく聴いていた。
 まず、 BOØWY。1stの「MORAL」をよく聴いた。
 その時期、BOØWY と同じくらいよく聴いていたのが、
ラフィン・ノーズ、だった。

 「夜ヒット」に出た時、覚えてた。
 汚ねー格好で出てきて、カメラに向かってツバ吐いた!
 その時は、パンクなんて知らないから、うわー、って思った。
 嫌悪感しかない(笑)。
 曲は♪「GET THE GLORY」だった。

 ラフィンのテープを持ってきた友達は、ギターを弾いていた。
 バンドは…やってたのかな?
 アルバムは「LAUGHIN’ NOSE」と「LAUGHIN’ ROLL」。
 テープの余ったところに、「SOS」の4曲もダビングしてくれた。

  その友達に、向こうのPUNKだって聴かせたのが、
ポリスの1st「Outlandos d’Amour」。
 ああ、って、それこそ鼻で笑われた(笑)。
 その時のPUNKに対する自分の認識なんて、そんなものだった。

 「LAUGHIN’ ROLL」 は本当よく聴いたなー。
 このアルバム、完璧。全11曲。捨て曲なんてない。
 最初からラストまで息つく暇もなく、一気に駆け抜ける!

 1曲目♪「SONG FOR U.S.A 」!
 あのイントロ、ギター! そっからねー、もう。
 カッコいいな~。歌詞もいいんだよ。

 一番好きな曲。
 ♪「I AM I」!
 PUNK ROCK NOW!PUNK ROCK NOW!
 PUNK ROCK NOW EVERY DAY!
 元気出んなー!
 でもずっと、PUNK ROCKER、って歌ってると思ってた(笑)。
 ♪俺は俺だぜ お前じゃないのさ←ここ
 最高だぜ!

 ♪「HAPPY BIRTHDAY」。
 バラード。チャーミーの声が本当切ない。
 この曲を聴くと、野音の事故をなぜか思い出す。
 当時ニュースでも大きく報道されたし、
テープを持ってきたその友達が、その日、行ったって、野音。
 目の前で、って言ってた。
 痛切な、悲しい曲。

 1st「LAUGHIN’ NOSE」の中で一番好きな曲は、
♪「PARADISE」
 なんか優しくて、ハッピーな気持ちになる。

 この時期は、この2枚のアルバム、
ダビングしてもらったテープを、伸びるまで聴いていた。

 ’88年、映画「シド・アンド・ナンシー」を観た。
 観終わった後、すぐにCD屋に行って、映画のサントラと、
SEX PISTOLSの「Never Mind the Bollocks」を借りた。
 PUNKに本格的に取りつかれたのは、これが始まりだった!

 数十年が過ぎ、ラフィンを久々聴きたくなってCDを探した。
 あった! 「Vap Complete Tracks」。
 おお! あの頃のアルバムが2枚組になって。
 いい! 変わらずいいなー。

 ん、「ラフィン コンプリート AA トラックス」?
 インディーズ時代の曲か。買いだ。
 聴いて驚いた! バリバリのハードコアやんけ!!
 すげー! そうだったのか、
ハードコアのバンドとして、出発したのか。

 そうなると、「Vap Complete Tracks」 が凄いポップに聴こえる。
 でも、高校時代聴いていたこのアルバムの曲は色褪せない。
 現在でも聴くと、パワーが出るよ、体の芯から。